我が家の豆室礼 8.2014-1  
Plan&Planホームページ Plan&Planお仕事受付 Plan&Planプロフィール Plan&Planお問い合わせ プランアンドプラン
Plan&Planインテリアコレクション Plan&Plan豆室礼 Plan&Planデザイン集
 インテリアテクニック! 季節のインテリア 我が家の豆室礼   Plan&Planデザイン  

お盆の飾りの豆室礼


Plan&Plan豆室礼 お盆の飾り写真1

仏教行事 「お盆」 の日取りは

地方によって違うようですが

少なくとも私の住む関西では

8月13・14・15日が
「お盆」です



「お盆」は

正式には「盂蘭盆会」「精霊会」と言い

「亡くなった方々への供養をする日」でしたが

日本の祖霊祭とつながり

「ご先祖様が帰ってくる特別な日」となりました



この日 家の前で「迎え火」を焚き

仏壇の前や縁側に「盆棚」を設け

ホオズキや夏野菜 盆花等を供えてお迎えします



ただ 興味深いのは 地方色があって

地方によって 又は「初盆」(新盆)等の状況によって

飾るものも飾り方も違います



私の叔母の暮らす香川県では

家人が亡くなり 新仏ができると8月1日から 

白色の大きな燈籠を 仏壇の前に飾りお供えします

2年目には銀色の燈籠 

3年目には金色の燈籠を飾り供えます


お墓の前にも 燈籠を飾り供え

期間中 毎夕 明かりをつけにお墓まで通います





さて今年 我が家は

今年冬に亡くなった祖父の為

「初盆」(新盆)を迎えます


初めて我が家で迎える「初盆」ですから

なにか・・特別な飾りでもあるのかと・・

お寺のご住職にお聞きしたところ


我が家の宗派 では・・・

「何もしなくてよい」
のだそうで・・・(+o+)

ちょっと拍子抜けしました(_;)


我が家の宗派ではお盆にのみ

特別 亡き人が帰ってくる

という考えでは無いようです

いつもそばにいて 見守ってくれているよ・・

って
感じなんだとか・・・・

Plan&Plan豆室礼 お盆の飾り写真2

そういうことで

今回の豆室礼は「お盆の飾り」ですが

随分砕けた感じにしました

蝋燭・お香・お花(リンドウ)の三具足(仏教の飾りの基本)

祖父が長年飼っていた熱帯魚の切紙

お供えの ホオズキ・ナス・キュウリです


今回の費用・・・和紙20円
      野菜花600円
        計620円


参考文献:和のこよみ切り絵―二十四節気と年中行事を切る(誠文堂新光社)
和ごよみと四季の暮らし(日本文芸社)



←前ページ「涼を楽しむ」 ・ TOP ・ 
次ページ「菊の被綿(重陽の節句)」→

Plan&Planのホームページ