我が家の豆室礼 10.2013  
Plan&Planホームページ Plan&Planお仕事受付 Plan&Planプロフィール Plan&Planお問い合わせ プランアンドプラン
Plan&Planインテリアコレクション Plan&Plan豆室礼 Plan&Planデザイン集
 インテリアテクニック! 季節のインテリア 我が家の豆室礼   Plan&Planデザイン  

七十二候楓蔦黄の豆室礼



Plan&Plan豆室礼 紅葉の飾り写真2


10月の後半

二十四節季 霜降(そうこう)のこの時期 

七十二候では

初候 霜始降(しもはじめてふる)

次候 霎時施(こさめときどきふる)

末候 楓蔦黄(もみじつたきばむ)

となります


そこで

今月の豆室礼では

七十二候末候をイメージして飾ってみます


今回は紅葉や蔦の紋切紙を

吊るしてみました。

紅葉は「錦」に例えられるので

赤や黄 オレンジ色の和紙を用いました

緑や黄緑を加えたのは・・・


万葉集巻一 十六

「冬ごもり 春さり来(く)れば 

鳴かざりし 鳥も来鳴(きな)きぬ

咲(さ)かざりし 花も咲けれど 

山を茂(も)み 入りても取らず 

草深み 取りても見ず 

秋山の 木(こ)の葉を見ては 

黄葉(もみじ)をば 取りてそしのふ 

青きをば 置きてそ歎(なげ)く 

そこし恨(うら)めし 

秋山われは」

 

の和歌に因みました


この和歌は万葉の時代 


天智天皇が大化の改新の功臣藤原鎌足に仰せて

春山の花の美しさと 秋山の紅葉の美しさと

どちらが優れているか競わされた時に

額田王が詠まれた歌です


 

春より秋に軍配をあげ、

秋を好んだ額田王ですが



 
春秋の優劣を競うのは

すでに古事記の作中にもみられ

 源氏物語の光源氏も梅壺女御に

春秋どちらが好きか・・・問う場面があります

女御は秋が好きと答えられたので

立后の後 彼女は 秋好中宮 と呼ばれました 



逆に

更科日記の作者は、秋が好きと言った同僚に対して

春に心を寄せています

Plan&Plan豆室礼 紅葉の飾り写真1

春秋の優劣を競いあい

心寄せてきた事は

古来より日本人が四季の移り変わりを

愛してきた証拠ですね

 

今回の費用・・ 和紙 60
         合計 60
※竹串・のり・糸は自宅の物を使用


参考文献:切り紙もんきりあそび かたちを贈る(宝島社)
日本の伝統色(株式会社東京美術)


←前ページ「ハロウィン」 ・ TOP ・ 次ページ「鹿と紅葉」


 Plan&Planのホームページ