我が家の豆室礼 4.2014-2  
Plan&Planホームページ Plan&Planお仕事受付 Plan&Planプロフィール Plan&Planお問い合わせ プランアンドプラン
Plan&Planインテリアコレクション Plan&Plan豆室礼 Plan&Planデザイン集
 インテリアテクニック! 季節のインテリア 我が家の豆室礼   Plan&Planデザイン  

さくらの豆室礼



Plan&Plan豆室礼 さくらの飾り写真2

桜のデザインについて調べていくと

面白いことを発見しました

今回は難しい話かもしれませんが

お付き合い下さい



日本人には 

衣装や調度品の
「文様」や「色目」の中に

「桜」

を取り入れる文化があります


「桜」が愛でられるようになった

平安時代より続く 

大切な文化ではないでしょうか



「桜」の文様としては

○桜そのもの              

○桜の名所を写した           
「嵐山」「吉野山」「嵯峨」
「隅田川」等

○散った桜が流れる「桜川」等      
自然の景色を写した文様等
があります


また 楓や霞と組み合わせた文様や

筏 熨斗 御所車 扇 籠等とも

共に描かれます




特に紅葉と桜を組み合わせた文様は

「雲錦」と呼ばれています




次に色目(いろめ)ですが

平安時代 清少納言の枕草子に

「桜の直衣」「桜の唐衣」を着た 

大納言や女房が登場します


この場合の「桜」は

かさねの色目」つまり

衣の表地と裏地とを

違う色で組み合わせた「桜」と呼ばれる配色の事です



具体的な「桜」の配色は

表地:白色 裏地:赤色

赤い若葉の上に白い花を咲かせた山桜を表しています


その他

表:白に対して 裏:赤 二藍 紫 縹色

無数の組み合わせがあります



桜に因んだ名が付けられている配色も多数あり

「樺桜」表:蘇芳 裏:赤色や縹色等

「薄花桜」表:白 裏:紅色や紅梅色等

「白桜」表:白 裏:紫 黄色 二藍等

「花桜」表:白 裏:青色       

「桜萌黄」表:萌黄 裏:赤 縹 二藍色等

「薄桜萌黄」表:淡青 裏:二藍 蘇芳色等

があります


そこで興味深いのは

現代において「桜の色」といえば

淡いピンク色の「桜色」や「白色」

を想像するのが一般的であるのに対し


昔の人々は白や赤系色以外に


萌黄色等の緑(昔は青と言う)系

二藍等の紫系  縹色等の青系等


現代では到底想像もつかない配色を

「桜の色目」として用いていた事です



古の人々の豊かな感性には

つくづく感服しました


Plan&Plan豆室礼 さくらの飾り写真1


さて今回の豆室礼は

桜川のイメージで

上から  淡いピンク

     濃いピンク

  紫色

  縹色

の和紙で出来た桜を

川に見立てた淡い縹色の台紙につけて

白いカーテンのタッセルに吊るしてみました


和紙80円
※台紙は10年前使ったカードの余りです


参考文献:切り紙もんきりあそび かたちを贈る(宝島社)
日本の文様と意匠(株式会社淡交社)
かさねの色目(青幻舎)


←前ページ「お花見」 ・ TOP ・ 
次ページ「イースター」

Plan&Planのホームページ